50,000/月を目指して、継続する仲間をTwitterで見つけよう!

画像で詳しく解説!2020年必修化の小学校プログラミング教育

こんにちわ!わたあめ(@wataameTech)です。

2020年の教育改革にて小学校での「プログラミング」が必修化されますね!

読者の方には、「私にプログラミングは教えられない!」と不安を抱えている方もいるかもしれません。

今回は、パソコンに強くないママ・パパでも

子どもに教えられるようになるくらい小学校の「プログラミング教育」について、詳しく解説していきます!

プログラミング教育って何をするの?

そもそも教育改革の元である「学習指導要領の改訂」をご存知ですか?

詳しく知りたい方はこちらの記事でご確認ください。

教育改革の全容はこちらから
学習指導要領についてもわかりやすく解説!
【2020年教育改革】ポイントはズバリ3つ!いつ何がなぜ変わる?

今回の改訂では、プログラミングは「授業科目」にはなりません!

算数や音楽など、今ある授業科目の中で学ぶことになります。

「え?プログラミングを国語・算数で学ぶの??」って思いますよね。

実は!今回必修化となる小学校のプログラミング教育は、

みんながTVなどからイメージするこんな感じではないのです!

2020年から小学校で学ぶプログラミング教育は

  • タイピングなどパソコン操作の一般的なスキル
  • プログラミング的思考(コンピュータを動かすための考え方)

この2つを授業や実験の中で体験してみよう!というものになります。

もっと具体的なイメージとして、先行実施している三鷹市立北野小学校の理科の授業の光景を見てみましょう!

【電気を無駄なく使うにはどうしたらよいかを考えよう】
(三鷹市立北野小学校)

引用:「未来の学びコンソーシアム」
 https://miraino-manabi.jp/content/137

このように、時にはパソコンやタブレットなどを用いながら

「考え方・思考法」に重きを置いた授業になると予想されています。

なんでプログラミング教育が必要なの?

近い将来、今ある仕事のほとんどをAI(人工知能)に取って代わられる

そんな話をみなさん聞いたことありませんか?

参考 機械に奪われそうな仕事ランキング1~50位!<br /> 会計士も危ない!激変する職業と教育の現場DIAMOND ONLINE

あと10〜20年もすると、半分以上もの仕事はなくなってしまっているんです。

この超急速に進む「デジタル社会」で生き抜くためには、

その元となるコンピュータを正しく扱うことができる力が必要だ!と。

こうした流れが世の中でも強くなり、

2017年の中央教育審議会にてプログラミング教育の実施が検討されたのです。

中央教育審議会とは

教育や学術、文化に関わる政策を審議して提言する文部科学相の諮問機関。教育制度、生涯学習、初等中等教育、大学、スポーツ・青少年の五つの分科会がある。

「朝日新聞」

そして、このプログラミング教育の流れは、

海外では呼び方こそ違えどすでに多くの国では当たり前にあるものです。

参考 日本は遅れてる?海外のプログラミング教育の現状!コエテコ

こうした海外の動きから置いて行かれることなく、

これからのよりグローバルな社会で生きていけるように

ますます学ぶ必要性の高さを感じられています!

わたあめ先生

デジタル&グローバルがキーワードだね!

小学校のプログラミング教育はこうなる!

ここでは、未来の学びコンソーシアムでの実例を参考に

小学校でのプログラミング教育がどうなっていくのかを知りましょう!

未来の学びコンソーシアムとは

文部科学省・総務省・経済産業省の3省と、教育系IT系関連の企業と共に立ち上げたポータルサイト

多様かつ現場のニーズに応じたデジタル教材の開発の促進や学校における指導に向けたサポート体制構築を推進している。

未来の学びコンソーシアムのHPはこちら

学校の授業でのプログラミング教育

まずは、学校の授業の一環からご紹介。

先ほど理科の様子を扱っていたので、

え?こうやってプログラミングがつかえるの?な社会での取り組み!

ブロックを組み合わせて47都道府県を見つけよう
(東京学芸大学付属小金井小学校 小学4年生)

引用:「未来の学びコンソーシアム」
 https://miraino-manabi.jp/content/266

社会の学習の一環として、白地図とパソコンを組み合わせた授業で

各都道府県の特徴が書かれたブロックを組み合わせて、都道府県を見つける

→手元の白地図を充実させていく

パソコンとリアルがうまく組み合わさった授業構成となってます!

引用:「未来の学びコンソーシアム」
 https://miraino-manabi.jp/content/266

わたあめ先生

こんな工夫がされているなんてスゴイね!

学校外でのプログラミング教育

次に、学校の教育家庭外の取り組みもご紹介!

プログラミングによる地域伝統芸能復興
(株式会社TENTO)

引用:「未来の学びコンソーシアム」
https://miraino-manabi.jp/content/190

こちらは徳島県神山町と、企業がコラボして実施された取り組み

伝統芸能である徳島県の人形浄瑠璃を学ぶと同時に、プログラミングを用いて価値を再発見する

引用:「未来の学びコンソーシアム」
https://miraino-manabi.jp/content/190

産学連携がなされた新たな取り組みのようですね!

わたあめ先生

こんな工夫がされているなんてスゴイね!

パパ・ママ必見!プログラミング思考を大解説!

ここまで様々な取り組みについてご紹介しました!

プログラミング教育の理解まとめとして、

「プログラミング思考」とは何か

この3つさえ抑えれば間違えのない考え方をご紹介します!

それがこちら!

  1. 順次(じゅんばんに)
  2. 分岐(もしも〜だったら)
  3. 繰り返し(◯回おなじことをしよう)

わたあめ先生

全部日本語で、コードの話はしないので安心して見てくださいね

順次(じゅんばんに!)

1つの作業を上からじゅんばんにという考え方

1つ何かを終わったらはじめて次に進めるを覚えましょう!

分岐(もしも〜だったら)

条件付きでやるべきことを変えることができるという考え方

もしも〜が、違ったらもしも〜のように複数連なることもあります!

繰り返し(◯回おんなじことしよう)

おなじ作業はまとめて繰り返し実行することができるという考え方

プログラムはおなじ作業を繰り返しをまとめて作業するのが得意です!

おうちでプログラミング学習なら絶対これ!(無料)

最後に簡単な紹介です!

世の中にはたくさんのプログラミング教材がありますが

小学生のはじめてのプログラミングは問答無用の一択です!

それがScratch(スクラッチ)です

わたあめ先生

有名な教材なのでご存知な方も多いですかね?

使い勝手などの理由ももちろんあるのですが、

今回は学校教育でのプログラミングという視点から先生目線でお伝えすると

中学生以降の学校教育でも、
Scratchを元にした「ビジュアルコーディング」の教材を扱う可能性が高い!

これだけでも最初にScratchを選ぶには大きな理由かなと考えています!

また、分かりやすい書籍などが多いことも特徴です

書籍を購入する場合は、「Scratch3.0対応」であることに注意してくださいね!

まとめ

いかがだったでしょうか。

小学校でのプログラミング教育のイメージが少しでもつきましたか?

言葉だけ聞くと難しそうに感じるかもしれませんが、

うまく楽しく使えればプログラミングは人生の大きな武器となります!

大切なお子さまと一緒にぜひプログラミングに触れてみてください。

世の中にはたくさんスクールなども存在します。

一時期、指導者として在籍していた経験もあるので、

近いうちに先生目線でのプログラミングスクールについてもご紹介できたらと思います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です